無利息期間を活用したキャッシング

給料日までの生活費がどうしても足りないという状況の場合は、 キャッシングを利用してお金を借りても返済にはそれほど困らないと思います。特に無利息期間サービスがあるキャッシングなら、上手に給料日までの日数と無利息期間の調整を行えば、利息負担なしでお金を借りることが出来ます。

キャッシング商品では1週間程度の無利息期間を設けていることが多いです。つまり、給料日の1週間前に生活費が不足してしまった場合、キャッシングでお金を借りても給料日に利息負担なしできちんと全額返済できる可能性が高いのです。もちろん、給料日に手元に入ってくるお金できちんと完済できる金額の借り入れを行っている必要はあります。給料の中から生活費を引いて残る金額以内の借り入れなら、翌月の生活にも支障を来すことはありません。

そもそも生活費目的でキャッシングを利用する人はとても多いそうです。高額な買い物を目的としていないので、借り入れ金額も数万円程度の人ばかりだと聞きます。仕事の内容と生活費によって返済に充てられる金額にも違いはありますが、自分の収入に合った借り入れを行えば問題ありません。
とはいえ、給料日の前に更に予想外の出費が重なる可能性も否定はできません。万が一に備え、より無利息期間が長いキャッシングを利用しておくと安心でしょう。

2社目の消費者金融

私は昔、最大で2社の消費者金融からお金を借りていました。1社目の消費者金融では上限額の50万円を借りてしまい、毎月支払いの追われる日々で、しょうがなく2社目へと手を出したのです。2社目では、同じく50万円という上限額キャッシング
を受ける事が出来ました。しかし、当時の私は結婚しており。おこづかいは月3万円程度。サラリーマンをしていた事もあり接待や飲み会が多く、とてもその借金を返す当てもありません。当然、当時の妻にも内緒の事だったので2社目の借入額も、ジワリジワリと増える一方でした。唯一、お金を増やす方法として考えたのはパチンコで、勝った時には返済していましたが、そう上手く続く訳もなく、負けが込み、気が付くと2社目も上限の50万に達していました。
ここで私は、懲りる事なく3社目に手を出そうとしたのですが、ここではすでに2社借りているという理由から、キャッシングを受ける事は出来ませんでした。
途方に暮れていると、2社目から1本の電話が。「おまとめローン」という返済方法を提案してくれたのです。それは何かと言うと、2社目が1社目の借入を返済してくれて、借入が2社目だけまとまる。そして、2社目だけに返済をしていく。
そのときに、所得の証明を出せば、金利の優遇を受ける事も出来る、といった内容でした。
返済方法が他になかった私は、その話をすんなり受け入れ、「おまとめローン」をする事にしました。
それからは、心を入れ替えて、妻にも話し、ゆっくり返済していってます。

消費者金融系キャッシングの内容

キャッシングは、担保なしで申し込める個人向けの少額融資であり、消費者金融が主に取り扱っている商品です。現在は、銀行や信販系の業者も用意する様になっており、多彩な内容が用意されています。商品の特徴を認識した上での利用が有効であり、生活に潤いを与える効果へとつながります。

消費者金融系のキャッシングは、審査時間が短いという事が特徴であり魅力です。申し込み当日に融資が決定する即日融資が基本であり、急いでいる場合に向いている商品です。業者ごとにキャッシングの内容には違いがありますが、安定した収入を得ている20歳以上を対象としています。派遣やアルバイトでも定期的に収入を得ている人であれば、利用する事が可能です。

消費者金融系のキャッシングは、貸金業法に基づいた内容であり、借り入れ総額は年収の3分の1以内となっています。これは、2010年に施行された総量規制という規則によるものであり、借り過ぎによるトラブルから守るためのルールです。このために、申込み時の借入希望額や他社借入残高によっては、所得を証明できる書類の提出が必要となります。新規借入を加えても借入総額が年収の3分の1以内である事を証明しなければならないからです。